MENU 診療案内

さわやか歯科のインプラント

さわやか歯科のインプラント

インプラント(歯科用)とは、抜けてしまった天然歯の代用として使用する人工歯根のことを指します。

歯を失ってしまった部分の治療法です。また、残っている歯を守る治療法でもあります。 歯を失ってしまった部分の治療法はインプラント・ブリッジ・入れ歯とありますが、最も自分の歯と同じように噛むことができ、 残っている歯にダメージを与えない事を踏まえると最適な治療方法と言えます。 もちろん、デメリットもありますし、メンテンンスフリー(何もしないで一生もつ)ではありません。 自分の歯を失ってしまったのに何もしないでインプラントが一生もつ何て事はあり得るでしょうか。 定期的なメンテナンス、プロによるチェックがあってインプラントも自分の歯も健康に保つ事ができます。 口は命の入り口(食べる)、心の出口(会話する)です。美味しく食べる、楽しく会話する為にインプラント治療をお勧めします。

インプラントとは

  • 歯ぐき  あごの骨
    歯ぐき  あごの骨

    インプラント(歯科用)とは、抜けてしまった天然歯の代用として使用する人工歯根のことを指します。 その素材は純チタン製等が多く使われており骨としっかり結合し、人体(生体組織)にも良く適合するのが特徴です。 最近では、歯科だけではなく医科などの分野でも幅広く使用されている素材です。

  • インプラント2

    このインプラントを抜けてしまった歯の部分の骨に外科手術により埋め込み、 骨としっかり結合してから頭の部分(歯に当たるところ)を装着する治療法が一般的です。

  • 仮歯を使用する例
    仮歯を使用する例

    この治療法は、従来の入れ歯やブリッジなどと比較しても多くの利点があり、 今まで歯を複数失ってしまった人などは入れ歯をするしかありませんでしたが、 「以前の天然歯のように何でも噛める」等、食べる楽しさを取り戻した方も大勢います。 ご興味のある方は、一度相談してみては如何でしょうか?

従来の治療方法とインプラント治療の比較

従来の治療方法

  • 仮歯を使用する例

    この形のブリッジでは、周りの歯を大きく削らなければなりません。

    矢印
  • 仮歯を使用する例

    奥歯を固定するために、金属の支えを使用する例。違和感があり、清掃も難しく、見映えも良くありません。

    矢印
  • 仮歯を使用する例

    総入れ歯の場合、固定する力が弱く、ぐらついたりずれたりします。 そのため、食べ物を噛むために十分な力をかけることができません。

インプラントによる治療法

  • 仮歯を使用する例

    インプラントでは、両隣の歯はそのままで負担もかかりません。

    矢印
  • 仮歯を使用する例

    インプラントでは、失われた歯根部分の骨を支えにして 人工の歯を固定します。 噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。

    矢印
  • 仮歯を使用する例

    インプラントでは、義歯はあごの骨に固定され力を 入れて噛むことができます。 食感も天然歯 に 近く食べる楽しみを取り戻すことができます。

治療費について

インプラント治療費 1歯
¥378,000(税込)